2017年7月30日 (日)

  群 翔 ( 鷺草幻想 )

Conv0003

     異常に暑い今年の夏

     待望の雨が降って 30℃にならない日が幾日か続く
     砂漠の中のオアシスか
     ほっと一息もつかの間で また猛暑の日々が待ち構えている 
     これから8月だと云うのに ・・・・・・・  夏はまだ永い

     鉢植えの「さぎ草」が きれいに咲き揃った
     風にに揺れて今にも飛び立ちそう
     花たちは 大空を思いっきり飛翔する夢をみてるに違いない


Conv0002


     おカミさんが 股関節の手術をしてから1ヶ月になった
     術後の経過も良く 退院そしてリハビリの通院と順調に経過して
     担当医がビックリするほどの回復ぶりだ


       とはいえ これからゆっくりと時間を掛けて脚の筋肉の回復強化の

       ウオーキングを続けていかなければならない

     老いふたり  穏やかな日常に戻ったことがが何より嬉しい
     飛び立ちそうな鷺草の励ましを受けて
     せっせと ふたりの散歩を続けるとしよう

Conv0005

    サギソウは日本を代表する野生ランと云われるが
    乱獲や生活環境の破壊によって現在では自生のものを見る機会は少ない
    環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている

 

Conv0007

2017年7月 4日 (火)

  狭庭の宿根草たち

Conv0023_2

  3年前の秋に庭木のほとんどを伐った
  脚立の上に乗って手入れをするのが いささか危なっかしくなってきたからである

  さあ これからは花づくり 四季折々の花を育てようと張り切っては見たものの
  思ったほど容易なものではなかった
  冬の葉ボタンから春のビオラ 夏にはペチュニア そしてアスター マリーゴールド キンセンカ ・・・・・・・・・
  折角だからとこだわって すべて種まきから育てたので手間もかかった
  

  そこで無計画な花づくりを改めて 
  狭庭ながら宿根草を適所に配して 一年草の場所も決め.ることと
をした
  
    まずは宿根草調べから始める 花の時期 陽射しや寒暑への強弱 草丈など
  「サカのタタネ通販カタログ」 をたよりに勉強する
  宿根草の苗は注文すると秋の終り 12月頃に届く 植え込んで寒さ除けの腐葉土をかぶせ
  春の芽生えを待つ 早めに芽を出しながら次の寒さにやられて枯れてしまう過保護の罰など
  試行錯誤の末にようやく20種ほどの宿根草が 狭庭を彩るようになった
  植えて3年ほどになると 風土に慣れるのかしっかり育って種の特徴もはっきりするようだ
  冒頭の写真は「かすみ草」 珍しい八重咲きで 霞むどころか2トン近い大岩を隠すほど
  山形の鳥海山から運んだ岩も かすみ草の勢いに負けそうだ

51
  春はちいさい花から咲き始める 上:アネモネ 下:サンギネウム



 Conv0025   ジキタリス 別名 キツネのてぶくろ

  いちいち花の名を記すことはやめる それぞれの花にそれぞれの美しさ 

 Conv0011_2

9

Conv0007_2

Conv0003

Conv0020

Conv0019_2

Conv0006_2

Conv0012


  

2017年6月11日 (日)

 20年振りの浅草

Conv0003_2            情緒を残す 浅草演芸ホール

 

   思い返してみると平成8年の夏に吾妻橋の船着き場から屋形船に乗り
   東京湾を横浜あたりまで夕涼みがてらの観光をして以来の 20年ぶりの浅草だった

   知り合いの娘さんが創作舞踊の「全国舞踊まつり」で 浅草公会堂の舞台で踊ると云うことで
   往復バスならば気軽なものと お招きに甘えて出掛けてみた



Conv0004

      
開演前のひとときを ひとり仲見世から六区あたりをぶらぶら散歩
    修学旅行の学生や外国人も多く 相変わらずの賑わいだったが
    懐かしい浅草とはどこか空気感が違う



Conv0005
Conv0002


   どこかに古き良き浅草の面影はないかと 路地裏をのぞき歩く

Conv0006


    終戦後から青春と言える一時期を ずいぶんと通った浅草六区映画街
    街はすっかり様変わりして 懐かしさの香りもなく
    流れすぎた60年余りの年月を 老いの身に思い知らせてくれるだ゜け

    思い出は はかなく切なく 胸の奥深く潜めておけばいい

2017年5月21日 (日)

  85年目の骨折

Conv0004

 

   断捨離 終活 (就活ではなく) ・・・・・・・・・   
   など
という言葉が何となく身近に感じられる年頃になった
   それにしても寿命が延びて そんな言葉が明るく語られるのはいい

   この先読むこともない書物や たまり積もった不要不急の飾り物や
   家具の整理をかねて 部屋の模様替えを始めた

   42インチのプラズマテレビを六畳間の対角の位置に移す 思いのほか重い
   アンテナケーブルを10メートルの延長だ 長押の中に埋めて外から見えなくする

   大成功!  この宵の晩酌はことのほか旨かった
   ところが そろそろ寝ようかと思う頃 左の肋骨のあたりが痛い 昼間の働きがいけなかったか

   床についても痛みは止らない 一晩中 夢うつつで胸の痛みに耐えていたように思えた
   朝起きると 咳をしても痛い くしゃみをすると飛び上がるほどだ

   整形外科医の診断は 6番目の肋骨の骨折だという
   鎮痛剤を飲んで 胸部固定帯を巻いて当分おとなしくしてろとのご託宣

   じっとしてるのが嫌いな性分 何もしないことがこんなに辛いとは思わなかった
   「鰺の干物じゃねぇんだ 小骨の一本ぐらい折れようが無くなろうが 驚くこたぁねぇや」
   と 強がってみても痛いものは痛い ブルーな気分で庭を眺める 


Conv0001_3

   わが狭庭のブルーの花たちのなんと素晴らしいことか 
   きまぐれな主の胸のブルーを一気に吹き飛ばしてくれる

   鉢いっぱいにこぼれるばかりに咲き誇るアルペンブルー
   の星の輝き 丹精した甲斐があった

Conv0005

 

 

 

 盛りを過ぎたとはいえ三寸アヤメのブルーも ブルーな気分
 を癒やしてくれた

 若い頃から山登りを趣味としていたが ねんざ程度はした
 記憶があるが 骨折
は85才にして初体験

 世の中まだまだ未知なことが多いということだ 
 あと4~5回オリンピックを見届けるくらい生き抜いて
  幾つもの初体験を味わうこととしよう

 折角だから 骨を折らずに愉しい初体験がいいなぁ~




Conv0006


2017年4月24日 (月)

  磯部温泉から妙義さくらの里周遊

Conv0001       宿の窓から  碓氷川を挟んで舌切り雀の宿を望む

     我が家から一番近い温泉となると秩父か磯部になるが
     妙義さくらの里で名残りの桜を見るのも一興かと磯部温泉に決める

     3回目となる磯部温泉では「かんぽの宿磯部」に泊まった
     築50年と古い施設だけど部屋はもとより どこもかしこも清掃が行き届き
     古さを感じさせない清潔さで心地よく過ごすことが出来た
 

 

Conv0003Conv0008

      翌日は朝から曇りだった 
      屋上の展望室に行ったが目指す妙義山は雲の奥にぼんやりと霞んでいた

      宿を出て 平成25年(2013年)のNHK大河ドラマ「八重の桜」で
      八重の結婚相手として描かれオダギリ ジョーが演じた新島襄の旧宅を見学した

  
新島襄は天保14年(1843) 安中藩江戸上屋敷で生まれる
  元治元年(1864) 21才で脱国しアメリカに渡り 明治3年(1870)アーモスト大学卒業
  明治五年 襄29才 岩倉使節団の通訳として一年間ヨーロッパ視察に参加
  明治7年(1874)アンドバー神学校卒業 準宣教師となってアメリカ勉学を終え帰国
  翌年 山本覚馬の支援を受けて京都に同志社英学校開校 覚馬の妹 八重と結婚
  その後 同志社英学校の発展とキリストの伝道に東奔西走の日々を過ごす
  明治23年(1890年) 1月 胃腸病が悪化 急性腹膜炎により永眠 わずか47年の生涯だった

      ここ安中の旧宅は アメリカから帰国して両親と10年振りにあったところ
      
安中藩の江戸詰武士の帰藩時の居宅で 二軒長屋という
      ほかに見学者もなくボランティアと思われる おじさんが展示されている資料を基に
      熱心に説明してくれた 「八重の桜」の頃は昼食もゆっくりできないほどだったとか


Conv0002

      標高800m程の「妙義さくらの里」は 満開をやや過ぎたとはいえ
      まだ充分に見応えのある春景色だった
      ウイークデーだというのに駐車場は満車 折良く1台が出て駐めることが出来た


Conv0004

Conv0007


  


   曇り空が妙義の鋭鋒をやわらかく包んで 墨絵のような風情がとても良かった



Conv0005


2017年4月 6日 (木)

  春うらら

Conv0003_2

    久しぶりの朝の散歩でした
    寒い間は日中に散歩することとしていたが

    朝の気温がようやく10℃近くとなって 手袋の要らない散歩道


Conv0001

    白髭神社で柏手を打つ 巨木のさくらも満開で枝垂れてる
    気に入りの巨樹ケヤキの芽吹きも間近だろう

Conv0009
    菜の花と 休耕畑を一面に埋めたホトケノザが朝陽に輝いている


Conv0010
    小学校のさくらも
    
幾日か見ない間に溢れるばかりに咲きほこっていた

Conv0006_2
    馬酔木と黄水仙を 我が家の「春うらら」の代表に選んでみた

2017年3月22日 (水)

あゆみの遅い春の足音

Conv0001

   彼岸も過ぎたというのに真冬のような冷たい雨
   ようやく晴れたら 朝から強い北風

   今年の春は 思わせぶりばかりで歩みが遅い

   昨年の10月に種を蒔いたビオラとキンセンカにようやく花がつき
   これから寂しかった庭も 少しずつ華やいでくるだろう

Conv0008


   狭い庭だけど宿根草が15種類ほど植えてある
   ようやく芽吹いた何種類かが 朝の寒さで芽が痛んでしまった
   おきな草は綿毛をまとったような姿が幸いしてか寒さにめげず
   可憐な花を咲かせ始めた


   Conv0002
Conv0003

   本格的な春の訪れまであと一息 
   気短かになった老いの身には 待ち遠しいこの頃だ


   
Conv0006

  葉ボタンは何株か 花を咲かせて 「踊り葉ボタン」の用意をさせている
  次の冬 どんな舞姿で踊るやら ・・・・・・・・



   

2017年2月26日 (日)

  ものぐさの宿

Conv0009_2


   面白いネーミングの宿もあるものだ 
   
一月遅れになってしまったが 例年出掛けている誕生日の温泉旅行
   どこか手軽なところはないかと探していると 「ものぐさの宿」 というのが目についた
   ネットで調べると和洋室 露天風呂と希望する条件にぴったり!  しかも安い
      三日前の予約で決めて穏やかな冬の日 走り慣れた渡良瀬渓谷沿いの122号を
   日光へ 鬼怒川温泉へと向かった 

   
   路は驚くほど空いていて 日足トンネル付近にも雪は全くなく快調に走る
   2時間半ほどで鬼怒川温泉街に着く 少し早すぎた
   時間つぶしに 「花いちもんめ」 と云う花と緑の楽園とやらに立ち寄る
   広い温室に溢れるばかりの球根ベコニアが まさに満開で出迎えてくれた


Conv0011Conv0004

   ベコニア達から春の息吹をいっぱいもらって 頃合い良しと目指す宿へ向かう

   渓谷沿いの 「花千郷」という宿は 客室97室の12階建て 6階が玄関ロビーとなっていた
   フロントで記帳を済ませ 渡されたルームキーの部屋に行く 10階角部屋だった
   広い 何もかも 踏み込みも洗面所も 和室は10畳 50インチの液晶テレビ
   襖で仕切られた洋室にセミダブルベット2台 こちらも10畳ほどもある

   この部屋は言うことなしの満足だった


   Conv0008

   ベランダから見下ろす陽も射さない鬼怒川渓谷は 水量もなく冬枯れて肌寒い思いがするばかり
   これは宿のせいじゃない  これ以上宿の宣伝をすることもないか
   
   大浴場も露天風呂も ゆとりのある広さで合格点
   接客も フロントから湯守のおじさんに至るまで気配りが気持ちよかった

   だけど だけど夕食だけは最低だった 
   広い畳部屋に仕切りもなく 五組ほどの客が膳に向かう 
      メインは上州豚の豆乳しゃぶだったが 食指をそそるものじゃない
   色の悪い刺身 とても箸が向かない こんな山奥?で旨い刺身が食えるとは思わないが
   何か気の利いた田舎料理でもあればいいのに・・・・・・・

   と いうわけで総合評価はようやく真ん中の50点
   何をもって 「ものぐさの宿」 というのか とうとう分からなかったが
   どうやらものぐさは お客じゃなくて努力不足の経営者にありとみた
   
   それにしても2食付き1泊 7,980円 安い宿にはそれなりの覚悟で臨むべしとの教訓

   やっぱり ものぐさは俺の方だったかなぁ~

   2日目も きれいな青空でした

Conv0002


 

2017年2月17日 (金)

つかの間の 春らんまん

Conv0002

    朝夕ず~と寒い日が続いていた
   
木曜日 風もなく急に暖かくなって 日中は16℃にもなった
    明日はもっと暖かくなるという予報だったが  ・・・・・・・・・

       テラスのフェースに温度計がつり下げてある
       毎朝 雨戸を開けると気温を確かめるのが習慣となっている
   今朝6時40分 温度計は 0.8℃を表示していた



Conv0006   久しぶりに氷点下にならない朝を迎えた
  湿度も77% と絶好!    何となくうきうきする
   陽射しと一緒に気温もぐんぐん高くなるようだ

  昼近く 東京は春一番の風とか
   こちらはほとんど風もない

   デジカメで梅を撮る
   少しずつ 少しずつ花の数を増やしていた梅も
     この一両日ですっかり満開近しと言えるまでに咲いてきた
    

   どこから飛んでくるのか「メジロ」の姿も見かけるようになった
   毎年 季節を違えずやってくる小鳥も植物も 自然の営みは素晴らしい

 
Conv0001
    
   冬枯れて色彩の乏しい冬の狭庭に 葉ボタンは頼もしい 
   霜柱で土が浮き上がるような寒い朝でも 凛としてたじろがない

Conv0003_2
   縮こまってないで 少しは見習わなければいけないなぁ~
   明日はまた 冬の寒さに戻るんだとか .・・・・・・・
   
      よし! あしたは頑張ってグランドゴルフの練習にいって来るぞ



Conv0004

    三寒四温を繰り返し 春は確実にやってくる

2017年1月26日 (木)

誕生日 春まだ遠く

Conv0011


          梅一輪一輪ほどのあたたかさ   嵐雪

         毎年 誕生日の頃になると庭の梅の木の蕾がほころんでくる
         そして 芭蕉の弟子 服部嵐雪のこの句が思い浮かぶ
         
         

         ところが今年は 月半ばに雪が降ったり毎朝零度以下の日が続いたりと
         梅の木も寒さに縮こまってか まだわずか数輪の開花宣言だ
         この梅の木は 結婚してまもなくの頃 カミさんの実家に年賀に伺った折
         大宮・氷川神社の参道の出店で初詣帰りに福寿草と寄せ植えになった鉢を
                   買ったもの もう55年も前の話      
        
 

         長らく鉢植えのままだったが 岡部に移住したのを機に庭に植え替えた
         それからでも17年 今では毎年枝を切り詰めるほど立派な梅の木だ

Conv0012_4     
       左
:1月15日   右;24日

        蕾の膨らんだ小枝を伐って活けたら 一週間ほどで満開になった
        いい香りがただよって 小さな春を愉しんでいる



Conv0008_2

       幾日ぶりかで穏やかな風 
       散歩コースをいつもの街歩きから畑コースに変える
       赤城山が雪を纏い快晴の空に映える 
       頂上近くまで樹木の多い赤城山は 枝葉に積もった雪が陽射しですぐ溶けて
       よほど寒い日が続かないと 山容が白く見えることはない

Conv0009Conv0001_2

       浅間山の噴煙が真っ直ぐ上にのぼっている
       こんな無風状態の浅間山も珍しい 冬晴れの中で・・・・・・・・

       
       久しぶりの畑みち散歩 4800步ほどでした

«  初詣は妙義神社